ベルルッティ、再認識。

男服の基本は変わらずとも、男のファッションはより自由になっている。
それまでのラグジュアリーと、
新しいラグジュアリーに、差を感じるようにもなった。

 


ベルルッティは、新しいラグジュアリーだ。
1895年に創業されたベルルッティの歴史は、革新の1世紀だった。
ジャン・コクトー、イブ・サンローラン、
アンディー・ウォーホルなど、

数多くのアーティストたちを魅了した。

4代目、オルガ・ベルルッティはさらにベルルッティを改革した。
彼女の目線でパティーヌが生み出され、

ベルルッティはより個性に磨きをかけられた。

 

2005年からはバッグもスタート。
ベルルッティの世界観は、さらに自由になった男服に受け入れられた。
富裕層は、それを後押しした。
男服、コーディネートのハズしこそセンスが出るといっても過言ではない。
若い人であれば、ファストファッションの中に
一点ラグジュアリーなアイテムを盛り込むことで、
逆にハズしになったりもするが、歳を重ねるとそれは恥ずかしい。そんなオヤジならではのハズしに、ベルルッティは見事にハマった。
遊びが効いたものこそラグジュアリーで、品格を備えていること。
それがベルルッティの新しさだった。
技術や発想が新しいブランドには、
その歴史が短かろうが、時代を変え、トレンドを生み出す力がある。
ベルルッティだけじゃない、
リシャール・ミルやマクラーレンもすべてが新しい。
そして、圧倒的なパフォーマンスがある。
そんなブランドたちが、男たちを次のステージへと誘う。
ベルルッティのハイダー・アッカーマンも2シーズン目に入った。
1月のミラノが楽しみだ。

 

ベルルッティ
https://www.berluti.com/ja-jp/homepage/

関連記事

  1. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。

  2. パテント素材を纏った、魅惑のジョン ロブ。

  3. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。

  4. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。

  5. ベルルッティのウィメンズ、デビュー。

  6. 男は、オータクロア。

  7. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

  8. 欧州セレブが注目するドレイクスのセットアップ

  9. カシミアタッチになったチルコロ1901。

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 Vol.8 リシャール・ミル伊勢丹新宿
  2. 特別連載 Vol.7 リシャール・ミル福岡
  3. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  4. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  5. 特別連載 Vol.4 リシャール・ミル 大阪髙島屋
  6. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  7. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪
  8. 特別連載 Vol.1 リシャール・ミル 銀座

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP