男は、オータクロア。

男もバーキンな気分ですね。
この15年ほどの間に4つほど使いました。
が、色が難しかった。
白も、ブルージーンも軽かった。
それはサイズを40にしたところで変わらなかった。
使えたのは、黒とブラウンだけ。
ゴールドの金具もギリギリだった。
シルバーのほうが使いやすかったが、
カブると恥ずかしい。
最近改めて見つめ直しているのが、
オータクロアなんです。

 

 

エルメス オータクロア

乗馬用の鞍をしまうために作られたのがオータクロア。
縦長のオータクロアは
女優で歌手のジェーン・バーキンが横長にした。
ご存知ですよね。
そのバーキンは、世界の女性に愛され現在に至る。
オータクロアは、男、オヤジならではの差別化としてはもちろん、
ラグジュアリーなだけでなく、
エルメスを知り尽くしている感じまで纏える、と思うんです。
一泊二日くらいの旅には最適です。
オータクロアなら色で遊べるかもしれませんね。

関連記事

  1. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

  2. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。

  3. ベルルッティのウィメンズ、デビュー。

  4. ベルルッティ、再認識。

  5. 欧州セレブが注目するドレイクスのセットアップ

  6. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。

  7. カジュアルには、ルイ・ヴィトンの「タイガラマ」

  8. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。

  9. 世界限定50足のDORMEUIL×The Shoe SurgeonコラボAir Force1。

読物連載~時計のいろは

  1. 超複雑機構トゥールビヨンのお話
  2. リシャール・ミルの日本未発売モデルがNX ONE銀座で手に入る!
  3. リシャール・ミルの新作は、ファレルとともに宇宙へ。

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP