欧州セレブが注目するドレイクスのセットアップ

ドレイクスと聞けばスカーフなど小物のイメージが強い。
だが昨今ではウエアにも注目が集まっている。
デザインの根本にはブリティッシュやトラディショナルがあり、
シーズンによってアメリカなどのエッセンスを加えたコレクション
素材にもこだわり、見た目はもちろんだが、
着心地や機能性にも優れている。
目の肥えた欧州の富裕層が手に取るだけに、
すべてにおいて上質であることは言うまでもないだろう。
中でもこのセットアップは春夏を代表するアイテム。
価格は31万4000円。
季節に関係なくジャケットやスーツを
着なければいけないシーンは多々存在する。
歳を重ねれば、若いときほど暑いという理由で着崩すことはできない。
この時期のドレス服選びは、毎年大人たちを悩ませる。
そんなときにコットンスーツは意外と暑いし、
かといってリネンではシワが気になる……
そんな悩みを解決してくれるのが、
このセットアップに採用されているラミーコットン。
ラミーは天然繊維のなかでも吸湿性、速乾性に優れており、
強度が高いというのが特徴だ。
気候に適していることはもちろんだが、
出張の際にも活躍してくれるはずだ。
長時間着ていても疲れにくく、
さらにはシワになりにくいので、
クルマでの移動が多い人にとっても嬉しい。
さらにはジェットセッターにも最適だろう。
着心地のよさを備えていながら、
クラシカルなデザインとシルエットであるからこそ、
大人っぽさと上品さを損なうことなく着ることができ、
素材のハリ感とも相まってより高級感が演出される。
パンツはノータックで股上が深く、
着用時のストレスを感じさせない。
ドレスシューズで引き締めても、
カジュアルにスエードローファーを
合わせてもよい幅の広さも魅力。
この一着を備えていれば、
さまざまな着こなしとシーンに対応できるというわけだ。
ドレイクス

関連記事

  1. ルイ・ヴィトン、メンズに捧げるフレグランス。

  2. ベルルッティ、再認識。

  3. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。

  4. クルマとファッションの素敵な関係。

  5. ベルルッティのウィメンズ、デビュー。

  6. 世界限定50足のDORMEUIL×The Shoe SurgeonコラボAir Force1。

  7. ジェイエムウエストンの定番に、遊び心のあるトリプルソール。

  8. カシミアタッチになったチルコロ1901。

  9. パテント素材を纏った、魅惑のジョン ロブ。

読物連載~時計のいろは

  1. 超複雑機構トゥールビヨンのお話
  2. リシャール・ミルの日本未発売モデルがNX ONE銀座で手に入る!
  3. リシャール・ミルの新作は、ファレルとともに宇宙へ。

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP