自分だけのリモワをカスタマイズで。

旅に出るのに欠かせないスーツケース。
スーツケースの選び方は人それぞれだが、ヘビーユーザーから愛されているのが、アルミニウム製で特徴的なグルーヴデザインが施され一目でそれとわかるリモワのスーツケースだ。
丈夫でスタイリッシュで使いやすく、愛用者が多いため、
空港のターンテーブルでは、遠目では自分の相棒かどうか
判断できないのだけが難点だ。
そんな声が多かったのか、そのリモワのスーツケースをカスタマイズできる「RIMOWA Unique(リモワ ユニーク)」がローンチされた。

リモワ ユニークは、リモワ クラシックのハンドル、マルチホイール®、ラゲージタグをカスタマイズして、自分だけのリモワを作ることができるサービス。
同じシルバーのボディでも、それぞれのパーツが違うこで、自分だけのリモワが遠くからでも見つけられるというわけだ。
イタリアで丹念に製作された2本のフルグレインレザーのハンドルセット、ラゲージタグ、マルチホイール®セットが、7色のカラーパレットから選ぶことができる。
パプリカ、オーシャン、ハニー、アジュール、ラグーン、ブラッシュ、クレメンティンと、どれもイタリア製らしく発色がきれいだ。
ハンドルとホイールのカラーを統一するもよし、別々のカラーを組み合わせて自分だけのユニークなリモワ クラシックにするもよし、自由にアレンジを楽しみたい。
また、ラゲージタグには、アルファベットや数字も刻印でき、よりパーソナライズなスーツケースに仕上げられる。
標準色のブラックもシャープな印象で使いやすいが、このアレンジは試してみたくなる。

オフィシャルウェブサイトでは、クラシック キャビンのみだが、カスタマイズが3ステップででき、仕上がりをイメージした後、そのまま購入することが可能だ。
クラシックのほかのサイズが希望であれば、色のイメージだけを先にウェブサイトで確認し、ユニークの取り扱いがある店舗で購入するのもいいかもしれない。
実際に店舗に行くと、また、迷ってしまいそうだが。

自分だけのオリジナルにカスタマイズとなると、多くのブランドの場合、受け取るまでに、数週間から数か月待つというのが常だが、これは、その場で取り付けてくれて、即日持ち帰り可能だという。
店舗が限られているとはいえ、直近の旅行や出張にも対応できるのは、忙しいビジネスパーソンにとってはありがたい。
しかも、丈夫で多忙なスケジュールにも耐えてくれる。
それでも、旅行中にトラブルがあった時は、ホテルと提携し、クイックサービスで修理も可能なのが、リモワがビジネスパーソンに愛用されている理由の一つかもしれない。
快適な旅の相棒にぴったりなスーツケース。
自分だけのカスタマイズを加えたら、出張も楽しいものになりそうだ。

リモワ ユニーク
https://www.rimowa.com/jp/ja/unique
リモワ
https://www.rimowa.com/jp/ja/home

関連記事

  1. グランドオープンした「エスパシオ・ザ・ジュエル・オブ・ワイキキ」

  2. ベルルッティとジャンヌレのアートのような家具。

  3. 一年待ちのチウネに。

  4. ミカフェートで、世界最高峰のコーヒーを。

  5. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」

  6. 空気清浄機は、ひとりに1台の時代か。

  7. 世界初コーナーソファを生み出した「ロルフベンツ」

  8. フエギア 1833から、ディフューザーが!

  9. 日本一予約の取れない「紀尾井町 三谷」へ。

読物連載~時計のいろは

  1. 超複雑機構トゥールビヨンのお話
  2. リシャール・ミルの日本未発売モデルがNX ONE銀座で手に入る!
  3. リシャール・ミルの新作は、ファレルとともに宇宙へ。

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP